AKB48応援ショップ > スポンサー広告 > AKB48の経済学AKB48応援ショップ > 雑誌 > AKB48の経済学

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB48の経済学

AKB48の経済学


内容紹介
AKB48はデフレ不況が生み出した? 「おニャン子クラブ」「モーニング娘。」のビジネスモデルとは何が違う? AKB48がもたらす「心の消費」とは? 芸能界と日本型雇用システムの関係は? アイドルも地産地消の時代を迎えた? 人気アイドルグループ「AKB48」を題材に、韓流ドラマやマンガなどにも造形が深い経済学者の田中秀臣が日本経済を読み解く。AKB48がわかれば日本経済がわかる!
出版社からのコメント
AKB48がわかれば日本経済がわかる!
AKB48の一人勝ち現象を読み解けば、ビジネスヒントが発見できる!

AKB48はデフレ不況が生み出した? 「おニャン子クラブ」「モーニング娘。」のビジネスモデルとは何が違う? AKB48がもたらす「心の消費」とは? 芸能界と日本型雇用システムの関係は? アイドルも地産地消の時代を迎えた? 人気アイドルグループ「AKB48」を題材に、韓流ドラマやマンガなどにも造形が深い異色の経済学者が日本経済を読み解く。

●目次

プロローグ AKB48で日本経済がわかる
第1章 不況に強いビジネスモデル
第2章 デフレ不況で増殖する「心の消費」
第3章 全国的に認知された「おたく市場」
第4章 大相撲とAKB48と日本型雇用
第5章 アイドルグループの経済分析
第6章 「ローカル」か「グローバル」か
第7章 アイドル高年齢化のその後──

カバーの折り返し
AKB48はデフレ不況が生み出した? 「おニャン子クラブ」「モーニング娘。」のビジネスモデルとは何が違う? AKB48がもたらす「心の消費」とは? 芸能界と日本型雇用システムの関係は? アイドルも地産地消の時代を迎えた? 人気アイドルグループ「AKB48」を題材に、韓流ドラマやマンガなどにも造形が深い異色の経済学者が日本経済を読み解く。AKB48がわかれば日本経済がわかる! ビジネスヒントが発見できる!

著者について
田中秀臣(たなか・ひでとみ)
1961年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科単位取得退学。現在、上武大学ビジネス情報学部教授、社会資本整備審議会委員、デフレ脱却国民会議呼びかけ人。専門は経済思想史・日本経済論。「リフレ派」経済学の代表的な論客として、各メディアで積極的な発言を続けている。『昭和恐慌の研究』(共著、東洋経済新報社、2004年)で第47回日経・経済図書文化賞受賞。著書には『不謹慎な経済学』(講談社)、『雇用大崩壊』(NHK出版生活人新書)、『偏差値40から良い会社に入る方法』(東洋経済新報社)、『デフレ不況 日本銀行の大罪』(朝日新聞出版)などがある。

AKB48の経済学


AKB48の経済学 by Amazon.co.jp

AKB48の経済学 icon by セブンネットショッピング


関連記事

タグ: AKB48の経済学 AKB48 ビジネスモデル

サイト内検索
キャラアニ.com
波乗りかき氷(Type-A)
唇 触れず・・・ 通常盤
渡辺麻友写真集『まゆゆ
発売情報
リンク
送料無料のショップリンク
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)



ファミマ.com



RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。